Home  /  事業内容・施設紹介  /  焼却溶融施設「エコモンスター」

焼却溶融施設「エコモンスター」

2005年11月に産量廃棄物焼却施設が完成しました。

プラントの名前を循環型社会の到来を予想し「エコモンスター」と命名いたしました。

年々多岐にわたる廃棄物の種類の増加と、処理の困難さに対応する高性能プラントです。

焼却溶融施設「エコモンスター」

安心、地球をいつまでも綺麗に、埋め立て量を極力減らします、リサイクルを実現

「エコモンスター」6つの特徴

1.ロータリーキルン型

一日に70t(24時間運転)丸いドラムが回転する燃焼室で多種多様の廃棄物を処理することが出来ます。

2.廃棄物のスラグ化を可能に!

高温で焼却する為、焼却灰はガラス質のスラグに!重金属の溶出を防ぎます。

3.マテリアルサイクル

スラグを骨材などの資源として使用できます。廃棄物ゼロエミッションを実現可能としました。

4.サーマルリサイクル

炉を冷やすために使う冷却水を熱交換し、搬入ピット入り口の融雪や給湯に利用しています。

5.空気は汚しません

排ガスを2次燃焼することによりダイオキシン類を限りなく分解しています。

6.感染性廃棄物も安心

病院等から排出される感染性廃棄物は、梱包した状態のまま焼却炉に投入して処分致します。